FC2ブログ

この記事のみを表示する35、自分で治す

35、自分で治す

時系列がいろいろ乱れているので整理してみると、登場したワークやそのあとの通った学校など、体験した順番は…
クラニオ→ロルフィング系→スリーインワン1→お背後さん→スリーインワン2、3→アレクサンダー→センサリーアウェアネス1→療術の学校→ロルフィング→鍼灸学校→センサリーアウェアネス2
ということになるのか。

クラニオは、体験した直後からセミナーで継続的に学んできた。
上記の他にも、数種類のボディワーク、心理学系のワークや呼吸法を中心にしたボイストレーニング、そして治療の勉強を始めてからは、ほとんどの治療家を目指す人がそうであるように幾つかの学術団体で複数の治療法を学んできた。

はじめは、西洋医巡りで喉頭まわりを診てもらっても、私が訴えるような症状を引き起こす要素は見られず、増悪する症状に不安が募り代替療法や民間療法、心身統合系のワークを手当たり次第に体験した。
そして、その一連の体験を済ませたあとに、鍼灸という比較的認知度の高いオーソドックスな治療法を学んだことになる。

上記の大体の流れの中で、自身で感じる違和感はあるものの、低空飛行ながら安定してきたのが療術の学校に通い始めてからだ。
そして鍼灸学校の頃には、現場で発作的なものに見舞われることがあっても十数分で回復し、ずっと乗っ取られっぱなしでいることはなくなった。
もちろん、常に不安にはさらされる。しかし、そこを突き抜ければ必ず青空が広がっていると、徐々に確信できるようになっていった。
そうなるまでに20年近くかかったことになる。
ほぼ寛解と思えるようになったのは、ほんの3、4年前だ。

振り返ると、療術の学校の頃が一つの転換点だったわけだから、誰かに治してもらおう、この悲惨な状況をなんとかしてもらおうと思っていたところから、自分でなんとかするしかないと腹をくくったのが、良い方向へ転じるきっかけだったと分析せざるを得ない。
クラニオで、身体と記憶の不思議な体験をしてから3、4年経っている。
自分の問題解消のきっかけになるのかどうか、全く予想も見当もつかなかったが、とりあえず身体について学ぶことが、その時の自分には必要な気がした。
その決意が揺るがないうちに、決心したことに身を投じて逃げ場がないようにしてしまう。
そういう選択は、割と私の人生の常套手段だった。と後で振り返り思った。
とりあえず、家賃半分のマンションに引っ越して、入学金と授業料を握りしめ、療術の学校で学ぶことにした。

あえてエッジに立つくせして、往生際はあまりよくない。
入学手続きをして帰る途中、夜空の星を見上げながら、漠とした世界に入り込んでしまったことが不安でしょうがなかった。

私はどこへ向かおうとしているのか。
この行動は、自身の問題に向き合っているのだろうか、それとも逃げているのだろうか。
どうすることが向き合うで、どうすることが逃げるなのか。
その問いは、発症から20年経った今でも、時々胸に去来する。




この記事のみを表示する34、毒づくもの

34、毒づくもの

『よほど不安で、ジタバタしているんだよね。
あなたが、私の中心は傷つかないとか、穏やかで平和な感覚とか言えば言うほど、イタイよ。
20年も同じことに縛られて、バカじゃないの?』
もうひとりの私が毒づく。
言わずとも、よく冷たい視線を投げかける。
よくあることなので、正面からは取りあわずにスルーする。

現実を生きることは確かに大変なことだ。
気づきや平和な感覚だけでは食べていけない。商売にはならない。
事実、私の発声障害だって、気づきや決して傷つかない自分を確認したところで、好転したわけではない。
気づきと、3次元的現代を生きることとの間には、現実的に橋渡しする何かがあるはず。

確かに20年もひとつの問題に縛られてきた。
生き方を変えることはできなかった。
でも、何もせずに過ごしてきたわけではない。
不自由な自分に向き合い、見つめ、観察してきた。
だからといって、それが報われるということもない現実もみてきた。
何も神様は私だけに意地悪しているわけではない。
そんな現実を人はコツコツ生きているのだ。

マザーテレサの名言集に、こんな言葉があった。

『人は不合理、非論理的、利己的だ
それでも気にすることなく人を愛せよ

あなたがいい行いをすると、
利己的な目的でしているといわれるかもしれない

目的に向かう時に邪魔する人がいるかもしれない
何かいい行いをしても、翌日には忘れられるかもしれない

自身が誠実なことで、かえって自身が傷つくかもしれない
助けた人から恩知らずの仕打ちを受けるかもしれない

それでもあなたの中の最良のものをこの世に与え続けなさい

最後に振り返ると、あなたにもわかるはず。
結局は、全てあなたとあなたの内なる神との間のこと
あなたと他の人の問題であったことは一度もないのだ』

自分の問題に照らして読むとき、私なりに理解できる気がする。
気づきと、3次元的現代を生きることとの間に、現実的に橋渡しする何かがあるとすれば、大切だと思うことをやり続けることだ。
そして、誰かが毒づいた時に、私の中の穏やかで平和な感覚は、またやり続けることを後押ししてくれる。





sensory11





sensory9






sensory10






sensory8







sensory6







sensory7








sensory14



この記事のみを表示する33、異なる景色

33、異なる景色


センサリーアウェアネスを日本語にすると、『感覚の気づき』とでもなるのだろうか。
外国語のワーク名は、音にするだけで違った扉が開くようでワクワクする。

話は前後するが、伊豆半島の入り口でのワークショップで、特に印象に残っているのは、半日戸外で行ったセッションだった。
春の日差しの中、みんなそれぞれのペースで、小道を下り、上り、アーチのような木々をくぐり、かすかな草いきれのする野原にやってきた。
緩やかな下りの向こうには穏やかな海が広がっていた。

そこで2人1組になり、たしか10分ぐらいづつ、1人が目をつむったまま過ごし、もう一人が危険なことがないように見守りサポートした。
裸足になって歩いたり、手探りで木に登ったり、草の上に寝転んだり、土の匂いを吸い込んだり、手探りで緑のブーケを作ったり、イビキをかいて寝てしまう人も。
そのあと、全員でどんなことを感じたのかシェアした。

私は、はじめは不自由な感じで、仕事や学校のことが気がかりで落ち着かなかったが、そのうち小鳥のさえずりや遠くから漂う柑橘類の香りにくつろぎ、すっかりその時間を楽しんでいる自分に気づいた。

そのあと、会場に戻ってみんなでいただいた柑橘類の美味しかったこと。
宿泊先近くには、柑橘類畑が広がっていて、はじめておめにかかるみかんの仲間の直売所がたくさんあった。
普段なら、へー?ぐらいで雑談しながら食べてしまう柑橘類も、みんな、何か愛おしいものに出会ったことを感謝するように優しく触れ、口に運ぶ表情もとびっきりの笑顔だ。

長い人生で、記憶に残るショットや体験はいろいろある。
もちろん、息をのむほど美しかったり、いままでにない体験だからこそのことではあるが、その時、感覚は鋭敏で開いている。
感覚が開いたところには、いつでも新鮮な驚きと喜びがあるのだと思った。
そして、自分が感覚のスイッチをオンにさえすれば、いつでも出会えるのだと気づいた。

野原でのセッションを終えた帰り道、景色が違ってみえた。
朽ちた石段も、石垣の裂け目からのぞく花も、緩やかにカーブした小道の先も、逆光に黒落ちした大樹も、ただただ美しく胸に飛び込んできた。

ズボラな私が、特別なファイルで大切に保存していた写真は、私の中に存在する平和で穏やかな感覚がとらえた記録だ。
取り出すたびに、緑の香りを含んだ草の感触や遠くの潮の香り、肌に降り注ぐ日差しのやわらかさを思い出す。
そしてその感覚は、ずっとずっと昔から私の中に存在していた懐かしい記憶に重なる。


sensory1



sensory3



sensory5


sensory2




sensory4













この記事のみを表示する32、センサリーアウェアネス

32、センサリーアウェアネス

自分の中の平和な感覚。
どんな困難な時にあっても、中心は傷つかない。
中心には、穏やかで平和で、淡々と刻む生のエネルギーが存在している。

原因不明の発声障害に閉塞的な日々を過ごしてきた中で、私が得たささやかな悟りは、前向きなエネルギーに満ちていた。
その感覚を後押ししてくれた、忘れられないワークがもう一つ存在する。
センサリーアウェアネスだ。

鮮明に記憶に残るのは、2005年頃、ゴールデンウィークの最中に伊豆半島の入り口あたりの海と山が美しい場所で行われたワークショップだ。
日本ではおなじみのジュディス・ウィーヴァー師のもと、2泊3日のスケジュールで参加した。
当時の私は、ニューエイジ系のワークには一区切りつけて、鍼灸学校へ入学したばかりだったので、余計記憶に残っている。
全日制の学校で学ぶ決心はしたものの、本当に治療家になるのだろうか?
なれるのだろうか?自分の問題にはどう向き合っていくのだろうか?経済的にやって行けるのだろうか?声の仕事はどうなるのだろうか?と、自分で選択したことながら、気持ちがワサワサして得体の知れない焦燥感にさいなまれていた時だった。
それまでにもジュディスのワークショップは体験済みで、静かに自分と向き合えるスペースであることはわかっていたし、生活に追われている日々から抜け出し、ホッとする時間を過ごしたかった。

センサリーアウェアネスを説明するのは難しい。
ワークの内容は、呼吸したり、歩いたり、座ったり、触れたり、見たり、聴いたり…といった日常の当たり前の動作をつぶさに見つめ感じていく。
前述のアレクサンダーテクニックが、動きの中から、身体の理にかなっていないことを引いていくのに対して、センサリーアウェアネスは、そのものをそのまま感じていく。

初めてワークショップを受けた時のエピソードだ。
新鮮な驚きを感じたのは、『座る』というごく日常的な動作だった。
がらんとした部屋の好きな場所に、参加者銘々が腰をおろしてワークショップは始まった。
ジュディスの誘導で、座っている状態をつぶさにみていく。
ちょっと退屈で、でも、こんなあたりまえのことから何が起こるのかという興味で、はじめは頭の中が忙しかった。

『今、あなたは床に対してどんな風にいますか?』『床に触れている部分は、どんな感じですか?』『床は、あなたに対してどんな風に存在していますか?』『その時、呼吸はどうですか?』
正確な記憶ではないが、こんなジュディスの言葉が、程よい間合いで響く。
あえてなのかそうすることが定番なのか、翻訳的な通訳の言葉が、何か新鮮な感覚を伴って届いてくる。

『床は、あなたに対してどんなふうに存在していますか?』
その問いかけにドキッとした。
自分で自分を支えていたいたことに気づく。
床は、動かない。ひっくり返らない。そこを信頼して身を委ねれば、私は楽でいられる。
当たり前のことを確認して、数分前よりどっしり座る。
呼吸が深くなって肩が下がった。
ちょうどロルフィングを受けていた頃で、脱力がテーマだった頃だった。

当たり前に馴染んできたことの中から、あ?と思うことを見つけると、途端に日常が輝き出す。
苦行の果てに何かを発見したり、成し遂げたりするという大仰なことでなくてもいい。
ホンの身の回りの自分にとってのリアリティや新発見が、日々を過ごしていく糧になると感じた。
そしてまた進んでいける。


この記事のみを表示するお知らせ1

お知らせ

『効率的にお読みいただくために』

タイトルの下の『log』『全ての記事』とクリックしていただくと、過去の記事の一覧が表示されます。

12、13、14を一部変更、加筆しました。