FC2ブログ

この記事のみを表示する31、私の中心は傷つかない

31、私の中心は傷つかない

クラニオセイクラルワーク、スリーインワンコンセプツ、アレクサンダーテクニック、ロルフィングなど、西洋医巡りを諦めた後に体験したワークを振り返ってみた。
こうして当時をふりかえり文章におこしてみると、心に残るワークは、やはり得るものが多かったと感じる。
最も救われたのは、自暴自棄にならずに、静かに自分を受け止めようとしたことだろうか。

それらのワークが直接症状の緩和に結びついたという手応えがあったわけではなかった。
むしろ、コントロールが効かないような激しい発作は、これらのワークを受けあとから出るようになった。
現場から帰されたのも、どうにも調子が悪く、ついに仕事を代わってもらったのも、本番前まで何ともないのに、本番でいきなり発作が出るようになったのも、これらのワークを受けた時期よりずっと後になってからだ。

少し晴れ間が見えては、また暗闇へ突き落とされた。
かとおもえば、突然、一瞬の晴れ間がのぞき、その度に私の気持ちも乱高下する。
それでも、いい時も悪い時も、状態を随分詳細に観察できるようになってはいた。

そんな日々を過ごすうちに、いろいろなワークが、私をその状態から救い出してくれるという幻想は消え、私自身が、そのワークを症状改善のための道具として使いこなせることが大切なんだという考えに変わってきた。
そして、新しい発見があったりいい感覚がよみがえると、それを再現できるように何度も繰り返した。

スリーインワンコンセプツで発見した喉頭の動きもそうだ。
甲状軟骨を指で上へ持ち上がるようにすると、詰まりにくいことがわかった。
甲状軟骨の動きと連携して、舌根の動きが硬かったこともわかった。
以前はずっと上がった状態で固定していて、裏声とリンクしていた感覚が嫌で、今度は逆に下げた状態で固定するようになってしまっていることも発見した。

声が通る道は、前の方より後ろの方が、詰まらずに抜けるイメージができた。

ある時は、みぞおちに不穏な感覚がなく吸気がストンと下に落ちると、呼気にのせる声もブレずに出ることがわかった。
ちょっとした骨盤の傾きで、どっしりできる感覚も見つけた。

また、ロングトーンがブレずに出るのが、調子のいい証だとわかった。
ボロ泣きした後は、だいたい調子がいいこともわかった。
レシーバーからの自分の声の返しの音量も重要だと気づいた。

ある時は、完璧すぎて、もはや調子の悪い時を思い出すことができないぐらいの時もあった。
あ、なんだ、簡単だったんじゃん。
何悩んでたの?
すっかり大丈夫という気持ちでスタジオに入ると、途端にもどかしさに襲われることも度々だった。
さっきまで確実だった気づきが、途端に幻と変わる。
いい感覚を再現しようともがくが、もがけばもがくほど遠のいていく。
そのくせ、違和感だけは、いつもと寸分違わず、まるで雛形にハマったように納まる。

今日出来る最善を尽くしたんだからよく頑張ったよと、自分に声をかけてみる。
しかし、自分のせいで仕事を最上のところへ持っていけなかったという申し訳ない気持ちがくすぶる。
いつまでたっても晴れない気持ちは、ちっとも納得していない証だ。
気持ちの切り替えが出来ないまま自宅に戻ることができずに、家の周りを無駄に何周も歩いたこともあった。

それでも、仕事はやめなかったし、ワークも続けた。
曇り、嵐、時々晴れをずっと歩いてきた。
曇りや嵐は、確かに胸をかきむしりたくなるほど、辛かったり苦しかったりするが、そんなときでも、同時に、平和な自分も存在しているということを感じさせてくれた。
もちろん、嵐の渦中は、そんなことを考える余裕すらないが、表層の嵐を突き抜けるところまで行くと、中心には、穏やかで平和な自分も必ず存在している。

クラニオのロングタイドのリズムは、まさにその象徴だ。
どんなに表層がささくれ立ち困難な状況にあっても、中心のリズムは、穏やかに生を刻んでいる。疑うことを知らない、当たり前で淡々とした生のエネルギーだ。
クラニオを受けた後の幸福感は、そのことを実感させてくれる。
昨日の延長の今日、昨日までの問題が何か変化したわけではないのに、ふと気づくと、その前よりも前向きになっている自分がいる。
ロルフィングで気づいた体重をあずけることで得た安心感、何かを加えることをしなくても、今の自分で十分幸せに生きていけるんだという思いが突き上げてきたこと…
自分の中心に、表層の変化に振り回されないどっしりした自分が存在している。

さまざまなワークから、
『大丈夫、どんな困難に見舞われても、あなたの中心は傷つかない』
そんなメッセージを受け取ったからこそ、仕事も辞めずに歩んでくることができたのかもしれない。
有り体に言えば、それが自分自身を受け入れるということなのかもしれないと気づいた。
中心は傷つかないとわかったから、受け入れられる。
この答えは不変だろうか?
表層の嵐が絶え間ない日々の生活で、この答えが揺らいだ時に、中心の自分を静かに確認したくなる。
一つの嵐が去れば、またじきに次の嵐がやってくる。
猜疑心が強く、そのくせ忘れっぽい私は、発声障害という表層の問題をテーマに、何度も何度も確認してきたのかもしれない。

治療する側の立場になった今、この確認は、患者さんに対する時の基本姿勢にもなっている。
どんなに困難な病にあっても、その人の中心は、傷つかない。
中心には、穏やかで平和で、淡々と刻む生のエネルギーが存在している。
そこを拾うことが一番大切だと、自身の問題を通じて学んだ。



この記事のみを表示する30、ロルフィング系ワーク

30、ロルフィング系ワーク

西洋医めぐりをあきらめた頃、普通のマッサージ屋さん以外で、初めて受けた本格的なボディーワークにロルフィング系のワークがある。
いつ起こるとも分からない症状に不安が募り、しかも医療機関では症状自体が理解されず、心身ともに消耗していた時だった。

『ロルフィング』は、1940年代に、アメリカの生化学者・アイダ・ロルフ博士が作り上げたワークで、博士の名前にちなんで、『ロルフィング』と名付けられ、ニューエイジ系ボディーワークの先駆的な存在と言われている。
結合組織、特に筋肉を包む筋膜に働きかけ、身体に偏在している筋膜のブロックを伸ばし、身体に記憶されている偏った使い方や癖を本来あるべきところに戻し、健康を取り戻すというものだ。

前述のニューエイジ系の情報誌を作っていた友人の関係で、周りにはすでに受けたことのある友人が数名いたので、様子を聞きつつ、早速一人のボディワーカーを紹介してもらった。
少し細かい説明になるが、『ロルフィング』という呼び名は、アイダ・ロルフ直系の研究所で学ぶボディワークのことで、所定のカリキュラムを終了し認定を受けたボディーワーカーは、『ロルファー』と呼ばれる。
そこから派生したロルフィング系のワークがいくつか存在し、私は、『シン・インテグレーション』というロルフィング系のワークを受けた。

ワークは、筋膜のこっちが伸びればこっちが縮むというような、モグラ叩き的な現象が起きにくい順番で、通常10セッションに分けて、身体の各部位に働きかけ、ブロックを取り除いていくと聞いた。

ワーカーは、自身の手や肘を使って、クライアントの素肌にタッチし、筋膜を伸ばしていく。体幹や四肢はもちろん、頭部や、口腔内、鼻腔までアプローチするという。
自分の意識が届かなかった身体の場所で、何か新しい発見があるような気がしてワクワクした。

この頃の私の声の違和感の状態は、自分で感じているほど、周りは気づいていないという時期で、何とか問題にならない程度に仕事はできていたが、そのことがまた私の気持ちの負担だった。
破滅の時に向かってカウントダウンが始まっているような、胸がヒリヒリするような焦燥感。
かといって何をどうしたらいいのかわからず、とにかくじっとしていることが一番苦痛だった。
西洋医めぐりはさんざんしたが、その部位に異常はなく、対症療法的なものはし尽くしたのだから、次は違うアプローチをしようと思った。

部位ではなく、身体という全体。
悪いところを探すのではなく、電源を一度オフにし、ニュートラルな状態にリセットしてから電源を入れる。
これは、それまでの経過を振り返って今感じることだが、その時までの体験から、当時も、深いところでそう思っていたのかもしれない。

ロルフィング系ワークは、ワンセッション2時間位とってくれて、3、40分がセッション前の問診、実際のワークが1時間ぐらい、残りの時間で、セッション中に感じたことや身体の変化をシェアした。

クラニオの後ではあるが、街のマッサージ屋さん以外では初めての本格的なボディワークで、脱力するということがよくわからなかった。
今振り返ると、ベッドに横になっていても、自分で自分の身体を支えている感じだ。
初期の頃、何度か手足を持ち上げられて、力が抜けている時と入っている時の違いを繰り返し体験し、やっと、今まで、というか普段も、常に自分で自分の身体を支えていたんだということに気づいた。
椅子やベッドに、ホントに身体をあずけるというのは、私にとって初めて体験する感覚で、うまく脱力できるのに、少し時間がかかった。

ベッドも椅子も、重力でどっしり地に根ざしていて、突然私を裏切ってひっくり返ったりはしない。
当たり前のことなのに、何割かは自分で自分の体重を支えていた。
しかも四六時中。
外側からの干渉のせいではなく、自分から緊張を作り出していたということを体感するのは、新鮮な驚きだった。

脱力の感覚がわかっただけで、身体は、いつもより数段楽になった。
そして、脱力の感覚がはっきりわかると、ワークの深さが格段に違った。
今思うと、こんなこともできなかったんだということに驚くが、脱力するというのは、信頼するということにつながるのだと思った。
椅子やベッドや床に身をあずければ、つまり重力に身をまかせれば、自分で頑張らなくても支えてもらえる。
その信頼できる場で、とことんニュートラルな自分にリセットする。
ロルフィングに対して、私は、程なくそんなイメージを持った。

アプローチした部位の順番は忘れてしまったが、印象に残っていることはいろいろある。
部位の筋肉の起始と停止の間を、肘や手で圧をかけ伸ばしていくのだが、背中も、足も腕も、自分で想像するより長いと思った。
受けている時の感覚では、あぁ、もうそろそろ端まで到着だな…と感じてから、さらにひと伸びする。
そのひと伸びの分だけ、緊張が解放された気がした。

施療後に、瞬時に手触りが変わったのがわかったのは、大腿部だった。
触れた感じがなめらかになり、肌理がそろってツヤツヤした感じになった。
まるで、洗いたてのしわくちゃの綿シーツにアイロンをかけたみたいだ。
手触りがほんとに気持ちよくて、何度も何度も思い出しては触れて確かめた記憶がある。
そして、なるほど、身体のいたるところにアイロンをかけて、しわくちゃに縮んでいるところをこんなふうに綺麗に伸ばしているんだなとイメージできた。

今まで分け行ったことのない場所に、サーっと陽が差し込んだように感じたのは、季肋部と下腹部、そして肩甲骨の裏側だった。
横隔膜へのアプローチのあとは、呼吸がとても深くなり、お腹周りへのアプローチの時は、内蔵はどうなっているんだろうか?と思うぐらい、深いところまで圧が入ってきた。お腹を固くしないで、身をまかせていられる自分が不思議で、ちょっと遠い出来事のような感覚の中にいた。

肩甲骨の裏側は、超現実的に記憶がクリアで、『怖い!』というのが、アプローチ直前の感覚。
いきなり、小さい頃に何度も肩を外したことを思い出した。
しまいには、病院や骨つぎに行かなくても、祖母がはめられるようになったと聞いた。
あ、外れるという瞬間の感覚を思い出したのだ。
怖かったが、脱力してまかせた。
肩甲骨と肋骨の間に指が入る瞬間は、『うっ、エグい!』という感覚。
大丈夫ということが分かったら、もう一つ脱力できた。
思い起こせば、私にとっては、この肩甲骨の裏側が、一番ネックだった。

他に口腔(口の中)というのも、普段、人に触れさせることはない場所なので驚いたが、どんな感覚だったかはあまり記憶にない。
終わったあとに、口の中が一回り広がったような感覚は憶えている。

肩甲骨に関して言えば、そのあと、呪縛から解放されたように縦横無尽に動くようになった。
肩を動かさずに、肩甲骨だけ挙上したり下制したりするのが、私のかくし芸の一つにまでなってしまった。

一方で、舌骨や舌根、喉頭周りのリリースも行ったはずなのだが、全く記憶にない。
そこについての説明も、その時の感覚も、普段なら何かに関連付けて憶えているはずのことなど、ものの見事にスコンと抜けている。
私にとって一番重要な場所なのに、全く記憶にないというのも面白い。
どうしてだろうという分析は、ここではやめておく。

記憶に残るロルフィング系のセッションは、どこを切り取っても、今までに体験したことのない、深い安らぎと安心感に満ちた時間だった。
決して眠っていたわけではない。
覚醒していたわけでもない。
なぜ?や、あえて思考を巡らすことを手放し、ひたすら身体の感覚と向き合い、心地よさは心地よさとして、痛みは痛みとして受け入れた時間だった。
好きも嫌いもなく、ただひたすら自分の身体がいとおしいと感じた。

セッションの終わりの方には、必ずクラニオが入った。
後頭骨の後ろにそっと手が添えられると、あぁ、もうすぐ終わりの時間だと、残念な気持ちになった。
でも幸せな感覚と、自分自身をいとおしく思う感覚は、帰り道でも、途中でお茶する時も、家に戻ってからも続いた。
その気持ちよさを十分享受したいという思いから、セッションの日はお休みを取り、毎回、自分が戻る部屋をきれいに掃除してから出かけた。
自分と自分の生活をこれほど大切にしたことは、それまでなかった。

ロルフィング系のワークは、あれこれ思考を巡らすことなく、ひたすら身体を感じた時間だった。
そして、ふと、身体を通して気づきがやってきた気がした。
この数ヶ月で、私は数キロ痩せた。
私は、むしろ体育会系女子的な身体を目標にしていて、体重と体脂肪の管理をきっちり行い、スキーシーズンまでに数キロ増やすべくトレーニングしていた。
それが、セッションの期間中は、筋トレをひかえていたこともあるが、気づくと数キロ痩せ、痩せたことで逆に筋肉の存在が浮かび上がってきた。
そして、その状態で、その体重で、隅々まで身体を感じることができて、しかも十分幸せに過ごせている。その幸福感は、体重を増やそうと焦る気持ちに優っている。

あぁ、何もプラスする必要はないんだと思った。
既に持っているもので、私は十分幸せに生きていけるんだと思った。

ちなみに、私の友人は、ロルフィングを受けている間中、『安定感というのは、どっしりしていて丸太のようなカンジ』というイメージが、ずっとあったそう。
そうしたら、その後、華奢だった彼女は、アッという間に丸太のようなどっしりした身体になってしまった。
身体からの気づきは、最強かもしれない。



この記事のみを表示する29、アレクサンダーテクニック

29、アレクサンダーテクニック

jisutoni

前回のKさんの奥様が描いたイラスト。
右肩に乗っているのが、『ジストニー先生』
太陽が輝く背景のイメージは、『ガンバの冒険』だそう。
このイラストに限らず、普段の生活の中でも、大変な出来事をいっそこっちの方から楽しんでやろうというKさんに姿勢には、潔さと清々しさを感じる。
私が、この『ノンフィクション発声障害』を書こうと思ったのも、Kさんのそんな姿勢に触発され、自分も前向きに何かしたいと思ったのがきっかけになっている。

臨床内容については、こちらをご参照ください。

Kさんは、継続して治療を受けてくれているが、お互いが同じボディワークを受けていたことで、表現しづらい身体の感覚をある程度共通の言語で共有できたと感じている。
それは、『アレクサンダーテクニック』という、1900年代初めに、オーストラリア出身の舞台俳優が確立した効率的な身体の使い方のメソッドだ。
クラニオに少し遅れて興味を抱いたエクササイズ系のボディーワークで、私が声の問題で悩んでいることを知った友人が教えてくれ、『声が出なくなった役者が、自分で作ったメソッド』という説明に興味を持ったのがきっかけだった。

私の発声障害を画期的に変化させたというわけではなかったが、症状の出ている状態を分析し、自分にとってのニュートラルの状態を身体に覚えこませることに有効だった。
また、治療をする側になって、『外側からの刺激を少なく、はじめから患者さんに備わっているもので変化させる』という方向性も示してくれた方法だと感じている。

発案者の舞台俳優フレデリック・マサイアス・アレクサンダーは、舞台で度々声が出づらくなるという不調に見舞われて、医者の診察を受けたが有効な治療法は見つからない。
そこで、自分で原因を突きとめるべく鏡の前で声を出す状態を観察していったという。
あるときに、彼は、声を出そうする瞬間に首を緊張させていることに気づき、その動作で声帯が圧迫され喉に負担がかかっていたことを見つけた。
この気づきがきっかけとなって、頭と首と背中の正しい協調関係が、余計な緊張がない身体の使い方に結びつき、本来持っている力が遺憾なく発揮できると唱えた。

何かをしようとする時の緊張、その延長線上の身体の使い方。
無意識のまま蓄積されたその癖を、覚醒して見ていき、修正しようというものだ。

私は、当時30セッションぐらい集中して受けた。
私のティーチャーは、イギリス系フランス人で、アレクサンダーテクニックは、幼い頃から身近にあったという。
また、欧米では一般的なワークで、特に演劇学校や音楽学校では、必修といえるほど重要なカリキュラムになっていると聞いた。

セッションは、『立つ』『座る』『歩く』『横を向く』『下を向く』『足を上げる』『腕を上げる』『口を開ける、閉める』『壁立ち』『仰向けになる』などの基本的動作を繰り返し行っていった。
頭の角度や、それに伴う首の緊張を感じ、ティーチャーが添えるほんの数グラムの手の感覚で、ニュートラルなところへと修正していく。
基本的な解剖図がイメージでき(アレクサンダーではそのことを『ボディマッピングという』)自分の動作が、頭の中の正しい解剖図に重なり合うと、ピタッと決まった感覚が訪れる。
すくっと身体が上へ伸び、余計な力みがなく重力に対するバランスだけで立っている感覚だ。
私は密かに、『やじろべえになった』とか『秋田の竿燈理論』などと呼んでいた。

単純な動作の繰り返しで、はじめは退屈だと感じていたレッスンも、初歩的な解剖学の積み重ねとこのピタッと決まった感覚を感じることで、ふと気づくと集中している自分がいた。
またティーチャーの数グラムの手の補助は、クラニオのタッチにも似ている。
そっと添えられるだけで、 筋膜がゆらゆら調整を始め、鼻腔の奥がピチピチと音を立て、鼻が通ることもあった。

ピタッと決まった感覚は、心の平穏ももたらす。
気持ちが静かになり、何時間でも座っていられる。
瞑想のスペースというのはこういうことなのかと思った。
また一つ、心と身体の関係の深淵さに触れた気がした。

前述のKさんは、症状が激しく出ている時は、顎や歯茎、唇、舌などが一つの塊のようになって、感覚がわからなくなるような状態に陥ったという。
そんな時に、ここは下顎で、こういう動きをする。
正中はここで、首と頭はこんな関係だ。
今、舌は歯茎に対してどうなっているのか。
舌根は上顎とどう接するのかなどと、一つづつ確認し、そうしたことが冷静さを取り戻し、感覚を呼び戻すことに役立ったという。

私は、その渦中では冷静に対処できる余裕はなかったが、良い状態の時にその感覚を確認したり、症状を再現させて悪い感覚を一つづつ潰していくというエクササイズとして、効果的だったと感じた。
良い状態の時に、ニュートラルな感覚を理論的に確認し、身にしみつかせておくことは、症状が出そうな時のコントロールには充分役立ったし、激しい症状を食い止めることはできないまでも、今までよりは、幾分冷静に、その渦中の自分を観察することができた。
そして、自分の心と身体のニュートラルをワンステップ確実なものにしていけたと信じている。

この時期から15年も経って治療する側にまわり、身体の使い方や発声障害や声の出しかたについてまとめてみると、この当時の体験が活かされていることに気づく。

こちらをご覧ください。

アレキサンダーテクニックの30セッションはホンの入り口にすぎず、身体に定着させるには、さらに長い時間のトレーニングが必要らしいが、当時の私は、とにかく興味を抱いたことは確かめずにいられない時期で、他にもアンテナに引っかかるものがあり、一旦お休みすることにした。

お休みする直前に、奇妙なことを体験した。
仰向けで横になり、腰や背中、肩、腕、足と、床に重さをあずけながら緊張を解いていく中で、不意に舌根がグッと下がって気道を塞いだ。
もちろん、一瞬で反射的に元に戻したが、とことん脱力するということはそういうことだ。
普通、脱力は大切と言いつつ、必要な支えは無意識でも働いているものだ。
私の緊張を解くというトレーニングは、ひとまず成果を得た気がした。
これは、後になってからそうだったのではないかと分析したことだが、声の出し方で、それまでとは違った使い方をしようと、対極へ針が振れたときに近い危険信号を感じたのだと思う。

また、アレクサンダーテクニックをお休みして少しした頃に、今までに経験したことのない激しい腰痛に見舞われた。
夜中に寝返りを打とうとしても、痛くて動けない。
少しづつやっとの事で体勢を変えるが、朝も痛くて起きあがれない。
小さく丸まって、少しづつ起き上がれる体勢を作っていく。
起きだして動き出すと徐々に治まってくるが、寝るとまた夜中に痛くて動けない。
寝るのが怖い。朝が怖いという日々が続いた。

今なら、幾つかの可能性をあげることができるが、多分、極端に脱力する方向に振れたせいではないかと思う。
無駄な緊張を解くことは大切だが、緊張せざるを得ない事情もまた存在する。
外側の緊張を解くには、内側の軸がしっかり働いていないといけない。
インナーマッスルだ。
支柱となるものを意識せずに身体を使った歪だと、今では分析できる。

この時の体験は、教わったワークをそのままなぞるのではなく、自分にとって必要なものを取捨選択して取り入れるということにつながり、また治療する側として、いろいろな事情を持つ個々の患者さんの治療に反映させるべき大切なことを学んだと思っている。

次は、受けた時期は、これより少し前になるが、ロルフィング系のボディーワークについて触れたい。