この記事のみを表示する52、音声訓練、発声のフィールドを広げる

52、音声訓練、発声のフィールドを広げる

どこかの回で一度触れたような気がするが、症状がひどかったある時、喉頭が下がった状態で固定していて上方への動きが悪くなっていることに気づいた。
『たとえば』という単語は、二音目の『と』の音が一番高くなる。
『た』からスタートして『と』が一番高くなって、『え』『ば』となだらかに下がってくる。
この『た』から『と』の音がスムーズに移行できず、『と』が押しつぶされたような、時には脱落した感じになる。
普段何気なく話しているときは、音の高低などあまり気にしていいないが、特に、MCやアナウンサー系の説明的な表現では大切な要素だ。
私にとって、詰まる感覚というのは、喉頭の動きが悪く固定された状態でもがいているとほぼイコールだとあるときに気づいた。
こんなふうに、自分にとっての違和感を解剖学的に置き換えることができるというのが、音声訓練にとって大事なことだと思う。

喉頭の動きをつけるための初歩的なトレーニングとして、『あ』と『え』の音を交互に発声することをよくしている。
あくびをするときのように喉を開けた『あ』と、舌根を持ち上げる『え』で、『え』は『あ』より高い音にする。
あくびをするように喉を開けると喉頭は下がるし、舌根を持ち上げ高い音にすれば、喉頭は上がる。
さらに喉の開きを下顎の動きで調整できないように、両奥歯に割り箸を挟んで口の開きを固定して発声してみる。
こうすると喉の奥や舌根の動きだけで音を作らざるを得ないので、その分、喉頭の動きのトレーニングも効率的に行える。
また、できるだけゆっくり発声することもしてみる。
『あ』→『え』と『え』→『あ』の各方向をなるべく等間隔でゆっくり発声してみると、音を作りにくい方向や、一気に行き過ごしたくなる箇所が見えてくる。
そういうところが、普通のスピードで話した時に詰まりやすかったり脱落しやすい個所なので、これでもかと丁寧に発声してみる。
こうすることで、喉頭を動かす筋肉や声帯筋をまんべんなく使うことになり、普段の発声がずいぶん楽になる。

私自身の状態がずいぶんよくなってから受けたボイストレーニングでは、音階練習を多く取り入れ、しかもとても繊細に状態をみていくトレーニングをした。
半音ずつ音をつないで、高い方や低い方へ移動していくのだが、その半音の移動をかぎりなくゆっくりつないでいく。
半音から、2度(ドからレ)、3度(ドからミ)、5度(ドからソ)と間隔を広げていくが、そのつなぎはゆっくりとその間に存在する周波数のグラデーションをまんべんなくなぞっていく感じだ。
3度、5度と間隔が広がっていくと、地声からスタートしても2音目が裏声になってくる。たとえば3度の間隔で半音づつ上げていくと、ガクッと一瞬で声が裏返って移行するポイントにぶち当たってくる。
この地声から裏声に変化するポイントを換声点というらしいが、瞬間にクッと詰まる感覚は、馴染んできた発声障害の感覚とも重なると感じた。
普段の会話や読みのスピードの中で詰まる時の感覚をスローモーションで再生すると、こんな感じなんじゃないかと思った。

同じ質の声をkeepできずに折れてしまう瞬間は、私の感覚で表現すると、どこか肝心の場所が働いていない、もしくは橋渡しするものがうまく機能できずにいるという感覚だ。だから、音階練習をスローモーションで何度も再生しながら、その働く場所や橋渡しするものを探してつないでいった。
『働く場所』や『橋渡しするもの』というのは、内的な感覚なので伝えることは難しいが、たとえば地声や裏声はそれぞれ違う通り道が存在したり、発声の時は、伸筋を働かせて引っ張り合うイメージを音に変換するというのも私の内的な感覚だ。
このように自分に有効な『働く場所』や『橋渡しするもの』を見つけるきっかけを作ってくれたのが音声訓練だった。
この内的感覚というのは解剖学的に置き換えると、多分、外喉頭筋や内喉頭筋を使うことに結びついているのだと思う。
この訓練を期に、私の発声障害の違和感は格段に少なくなった。
詰まる感覚はほとんどなくなったし、長音で、ガッ、ガッ、ガッとブレーキがかかる感覚や震えも、以前よりずっと少ない時間で修正できるようになった。
そして、一瞬症状が出ても、ほどなく治まるから大丈夫と思えるようになった。

私が師事したボイストレーニングの先生は声楽家だったが、民俗学や民族音楽に造詣が深く、音声表現は何でもありで、偏って固定した発声をしないで、持っている機能をまんべんなく柔軟に使えることが大切という考えの方だった。
初めから私の発声障害の訴えには全くというほど注意を払ってくれず、淡々とレッスンを続け、裏声も地声も、仮声帯発声も息声も、喉頭が上がった発声も下がった発声も、吸気発声も、ビブラートも、変顔ならぬ変声発声も、いろんなことに容赦なく挑戦させられた。
何しろほとんどできないことばかりだったのでガックリすると同時に、普通に発声するといういわば氷山の一角の下に、どれだけいろんな可能性が隠れているのかと驚かされた。今思うと、本来持っている発声や声のフィールドを広げて、その広がったフィールドの中で自在に出したい声を選択していけるようになれば、症状は自然に変化していくということを示してくれたのだと思う。

そもそも、震える、詰まるも、広い発声のフィールドの中で起こっている現象だ。それなら、高い声も低い声も、地声も裏声も、詰まる声も震える声も、氷山の下まで全部探索すればいいのだと思った。
そう気づくと、音声訓練中に症状が出てそれを観察できることは、ラッキーなことだと思えた。
そして、発声障害は、普通の人は体験できない発声のフィールドを体験していることなのだと思った。