この記事のみを表示する40、なんでもいいから治りたい

40、なんでもいいから治りたい

治療内容や音声訓練について書いてみたいと思う。

発声障害の患者さんと話をする機会が増えるにつれて、特にけいれん性発声障害については、代替医療や音声訓練で治すことはほんとに難しいと感じる。
前述の患者会のTさんは、10年間熱心にボイストレーニングに通ったが効果は上がらず、症状が加速していくと感じた時にけいれん性発声障害と診断され、手術を受けたと聞いた。
やはりけいれん性発声障害で、声の仕事をしていたAさんも様々な音声訓練を受けたが、大きな変化は得られなかったという。
声の仕事をしている人は、一般の方より感覚が鋭敏な分、簡単な発声でも思い通りに声を発することができないのは辛い体験だと思う。
私は(けいれん性発声障害とは診断されていないが)症状がひどかった時は、できない自分に向き合うのが怖くて、音声訓練の門は叩けなかった。
なにしろ『あー』という声すら出せなかったから、これ以上ダメな自分を更新するのを目の当たりにするのはやめようと思った。メンタルが持たないと思った。

専門医の間では、けいれん性発声障害に関しては、音声訓練では変化しないというのが共通理解だそうだ。
それでも、手術後に回復しきれなかった声の状態や、また症状がぶり返したことに対するケアに関しては、音声訓練で良くなった方の体験談を聞く機会もあったし、ボイストレーナーの友人が担当した患者さんで回復した方の話はたくさん耳にするし、私自身も担当した患者さんが回復していく様をみている。
西洋医学では、外科手術や投薬という方法で、多少の個体差にかかわらず多くの患者さんをバサっと治すのが得意だが、代替医療や音声訓練は、個体差に向き合うことでこぼれ落ちてしまった患者さんをすくいあげることが適しているのだろう。

音声訓練に関しては、専門のドクターのもとで言語聴覚士(以下STと表示する)が行うのが一般的だと思うが、経験豊富なボイストレーナーも精力的に取り組んでいると聞く。
私も患者だったのでよくわかるが、とにかく早く治してほしい。
治してさえくれれば、患者さんにとって資格のあるなしなんてどうでもいい。
今やネットを検索すれば、けいれん性発声障害は治せると豪語する治療家やボイストレーナーのHPにヒットする。
どのぐらいの満足度なのか分からないが、そのようなところをひとあたり渡り歩いて、ウチの治療室にいらっしゃる患者さんもいれば、逆にウチからそういったところに流れる患者さんもいらっしゃる。
それこそ、私も患者だったのでよくわかる。
私の時は、今ほどネット社会ではなかったが、私もありとあらゆる音声外科の門を叩いたし、手当たり次第に治療を受けた。
早く治してほしいからドクターショッピングも治療ショッピングも音声訓練ショッピングもするのだ。
こんな状況の中で、患者側、治療者側、それぞれ何をどうしたら、お互いにとってよりよい未来が開けてくるのかなと考えてみた。